沿革

HISTORY

1938 創業者山岡憲明、京都市左京区聖護院に於いてプレス部品の製造を開始
1954 株式会社に改組、山岡憲明初代社長に就任、資本金100万円
1962 城陽市に組立工場、プレス工場を新築移転
1964 中小企業庁長官賞受賞
1969 金型製造を開始
1970 城陽市に本社工場を新築、全工場集結、資本金2,000万円
1973 北工場新築、オフィス・コンピューター導入
1980 半導体関連装置開発
1981 京都府中小企業モデル工場指定
1982 フロッピーディスク打ち抜き装置開発
1983 中小企業庁長官賞受賞
1984 南工場新築(クリーンルーム)、関連会社株式会社 山岡精密設立
1985 金型CAD/CAMシステム導入
1986 中小企業庁、中小企業合理化モデル工場指定
1988 宇治田原工業団地に16,500平米の工場用地取得
1989 宇治田原工場竣工、第1工場新築、資本金4,800万円
1991 新生産管理システム構築
1992 ソフトライトプレス開発
1994 装置CADシステム導入
1995 宇治田原第2工場新築、京都中小企業優秀技術賞受賞
1997 ISO-9001認証取得、労働大臣賞受賞
1998 精密小型卓上サーボプレス開発
1999 ISO-14001認証取得
2000 金型CADシステム 3次元化、資本金6,240万円
2001 宇治田原第3工場新築、株式会社 山岡精密 新社屋竣工
2002 京都府より「エコ京都21」認定
2003 ナノフォーミング金型の研究開発に着手
2004
超精密特殊研削盤 2台導入(超精密金型開発、産学共同研究)
関連会社 株式会社 サザンテクノクリエイト設立
2005 高剛性小型5トンサーボプレス機開発、金型新生産システム導入
2006 高精度マシニング2台導入、高精度横型ワイヤー放電加工機1台導入
2007 超高精度画像測定装置(ULTRA 350)導入
2008 日本国内最細ワイヤー放電加工機(EXC100L)導入
京都府より「知恵の経営実践企業」の認証(第1号)
2009 50T射出成形機およびモールド型部品専用成形研削盤3台導入
経済産業省「2009年度元気なものづくり企業300社」に選定
2010 インサートモールド成形品一貫生産ラインの構築
高精度形彫り放電加工機、高精度ワイヤーカット放電加工機、NCプロファイル加工機、
竪形40トン射出成形機を増設
高精度三次元測定機2台導入
2011 100トン射出成形機導入、装置CADシステムを3次元化
京都府「現代の名工」「明日の名工」に当社社員が認定
2012 高精度形彫り放電加工機、超高精度顕微鏡を増設
「京都モデル」ワーク・ライフ・バランス認証企業として認証
厚生労働大臣より「子育てサポート企業」として認定
厚生労働大臣より「技能検定関係優良事業所」として表彰
2013 樹脂金型CAD/CAEシステムを3次元化